寺田寅彦記念館友の会掲示板

23823
この掲示板は「寺田寅彦記念館友の会」からの広報用掲示板です。
投稿は一度確認させていただいた後に掲載します。
当掲示板の趣旨に反する内容、公序良俗に反する内容や誹謗中傷と
思われる場合は掲載できません。
はがき等での投稿は記念館へお送りください。
 <寺田寅彦記念館 〒780-0915高知市小津町4-5>
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

新制作展のお知らせ - 広報 URL

2017/09/19 (Tue) 14:20:51

 日頃から、私ども寺田寅彦記念館友の会の活動にご理解・ご協力をいただきましてありがとうございます。

 今回は、現在、銅像を作成していただいている大野良一様が、新たに制作された「寺田寅彦先生の頭像」が、添付の案内通り、下記の日程で展示をされておられるようですので、お知らせいたします。

 第81回新制作展

 期間 2017.9.20(水)~2017.10.2(日)
 場所 国立新美術館 港区六本木7-22-2
 新制作協会HP:http://www.shinseisaku.net/wp/

寺田寅彦記念館友の会 山本 健吉

書籍紹介 - 広報 URL

2017/09/03 (Sun) 10:40:01

四宮氏からの書籍紹介です。
-------------------------
アンソロジー文庫2点の紹介

 寺田寅彦の作品を含むアンソロジーが2社の文庫で出ました。
 和田博文編『猫の文学館Ⅰ 世界は今、猫のものになる』(2017年6月、ちくま文庫)と東雅夫編『文豪妖怪名作選』(2016年8月、創元推理文庫)です。
 『猫の文学館』はⅡもあり、大佛次郎、筒井康隆など64人の猫好きの作者から編者も含めて84編が採られています。「妖怪」は19人の19作品となっています。
 寅彦作では「子猫」「鼠と猫」及び「化物の進化」が収載されています。

秋季研究会のご案内 - 広報 URL

2017/08/31 (Thu) 14:41:56

平成29年度 寺田寅彦記念館友の会 秋季研究会のご案内

 標記の会を次の日程で開催いたします。ぜひご参加いただけるようお願いいたします。

 日時 平成29年10月22日(日) 午後1時から3時まで

 場所 寺田寅彦記念館

 演題 なぜ寺田寅彦を上演したのか

 講師 劇団the・創 代表 西森良子 様

 西森良子様は、高知の先人を取り上げた演劇活動をされています。昨年、「寺田寅彦物語」を上演され、高い評価を得ておられます。今年は「上林暁」を10月に公演される予定で取り組みを進めておられます。

「寺田寅彦物語」を上演されるために奔走された経験を踏まえての、劇を創られる方から見た寺田寅彦についてのお話です。とても興味深いお話が伺えるものと考えております。ご参加をお待ちしております。

寅彦の手紙2通発見 - 広報 URL

2017/06/07 (Wed) 21:45:55

高知新聞(6/7)からヘッダーのみ抜粋。
本県出身の地球物理学者、寺田寅彦(1878~1935年)が晩年、弟子に宛てた手紙2通が新たに見つかった。手紙は元東海大教授の伊東彊自(1908~92年)宛て。寅彦の孫で伊東の義理の娘にあたる女性が今年5月までに県立文学館へ寄贈した書簡9通の中に含まれていた。伊東が執筆した論文への感想などが丁寧につづられ、弟子との親密なやりとりが垣間見える。(徳澄裕子)

書籍の紹介 - 広報 URL

2017/04/26 (Wed) 11:55:49

四宮氏から情報をいただきました。書籍の紹介です。
--------------------------------
 有馬朗人『わが道、わが信条 有馬朗人の贈ることば』2016年12月(春秋社)

 あとがきに「思い出すままに私の86年の今日までの足跡をたどってみた。」とあるように、2016年9月13日で86歳になった有馬の自伝といえる。
 病気と貧困の少年時代にあってモーターを作って実験精神を磨いたこと、短距離競走で活躍したこと。浜松の中学時代に勤労動員で旋盤工になった話。
 武蔵高校から東大理学部へ進み、海外へ留学してノーベル賞候補になる原子核の研究をしたこと。
 東大総長、理化学研究所理事長、文部大臣、参議院議員を歴任し研究・教育家から行政職になったこと、俳人としての活動などが描かれている。
 第7章が「着想の人 寺田寅彦」である。現在から見ての寺田の評価がなされているが「寺田寅彦の弟子の多さ、人脈の多様さは見事である。
 弟子たちがそれぞれ、寺田の考えから出発したり、独自に着想を発展させたりしている。この点において、寺田寅彦の存在感はきわめて大きい。」としている。

書籍紹介 - 広報 URL

2017/04/03 (Mon) 16:35:11

四宮氏からの情報提供です。

 畑野文夫『森田療法の誕生―森田正馬の生涯と業績―』2016年(三恵社)

 460ページに及ぶ大著です。
 森田正馬は寺田寅彦と同じ高知尋常中学校を1年先に卒業し、熊本第五高等学校の第3部医科に進みました。
 五高でも寺田の1年先輩に当り、寺田日記にも名前が出てきます。
 東京での交際もありました。
 あとがきによれば森田の日記を生かし、森田の思想形成の中心に仏教があったことと森田療法の成り立ちについて重点的に書いたとのことです。
 森田療法についての詳しい説明は難しいですが、寺田と共通な旧制高校や大学時代の雰囲気、高知県人との交際の様子などが興味深いです。

総会の講演について - 広報 URL

2017/02/01 (Wed) 22:11:19

平成29年度総会の講演について

  演題「寺田寅彦と熊本」
  講師 柏木 濶 様(熊本大学名誉教授)

 柏木様のご自宅は、寺田寅彦が熊本の第五高等学校の学生の時に下宿をしていたお宅で、祖母様は、当時14・5歳の娘であられたということです。
 このことは、寅彦の随筆「花物語」の中の一節「栗の花」に書かれていますのでお読みいただけたらと思います。

平成29年度総会の日程 - 広報 URL

2017/02/01 (Wed) 20:57:26

各位

 本日、平成29年度総会の日程が決まりましたので、ご連絡をします。

 平成29年4月15日(土)午前10時より幹事会

              午後 1時より記念講演
              午後 2時より総会

 ご予定をよろしくお願いします。

山本会長と伊東さんが放送に - 広報 URL

2017/02/01 (Wed) 10:24:44

 本年1月23日と30日、FM高知のラジオ番組「吉田類の類語録」(四国4局ネット)で寺田寅彦記念館が取り上げられました。
 これは昨年(2016)12月28日、吉田さんとFM高知のパーソナリティー谷本美尋さんが寺田寅彦記念館を訪れ、山本会長と伊東さんに話しを聞いたものです。

 吉田さんは高知県仁淀川町出身で、テレビ番組「酒場放浪記」によって酒場詩人としてご存知の方も多いと思います。
 門前の石塀、石碑、母屋、庭、勉強部屋、茶室と場所を移しながら記念館の来歴や友の会の活動、銅像建立予定などについて話題が盛り上がりました。
 最後に吉田さんから「豊かな自然から豊かな才能」との語録がありました。
 なおこの放送はWebのHP「吉田類の類語録」第251回目(前半)、252回目(後半)から聞くことができます。
Webのアドレス
http://rui-816.seesaa.net/
放送音声へのリンクはその記事文中にあります。

みやこ町(福岡)文化遺産 - 広報 URL

2017/01/17 (Tue) 12:24:00

 四宮会員から情報をいただきましたので掲示します。
----------------

 寺田寅彦が最も信頼した友人である小宮豊隆の出身地である福岡県みやこ町に歴史民俗資料館があります。
 その中に小宮豊隆記念展示室があり、寺田寅彦や夏目漱石が小宮に送った手紙類が所蔵されています。
 その一部(ハガキ)がネット公開されています。
 ADEAC (r):デジタルアーカイブシステム
 みやこ町 文化遺産 : 下のリンクをクリックしてください。
 https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/4062555100

 寺田寅彦からのハガキは102枚、翻刻文もあります。
 またハガキと翻刻を重ね合わせて確認できるように工夫されています。
 インパクトのある画像が楽しめます。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.