寺田寅彦記念館友の会掲示板

36501
この掲示板は「寺田寅彦記念館友の会」からの広報用掲示板です。
投稿は一度確認させていただいた後に掲載します。
当掲示板の趣旨に反する内容、公序良俗に反する内容や誹謗中傷と
思われる場合は掲載できません。
はがき等での投稿は記念館へお送りください。
 <寺田寅彦記念館 〒780-0915高知市小津町4-5>
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

(管理者の承認待ち)

2020/09/02 (Wed) 14:25:44

この投稿は管理者の承認待ちです

新会員の紹介 - 広報

2020/07/22 (Wed) 09:31:58

次の方々が新しく会員となられましたのでご紹介します。

   高知県 川澤 輝洋 様
   高知県 大西 和輝 様

よろしくお願いします。

訃報のお知らせ - 広報

2020/06/04 (Thu) 18:03:10

各位

 寺田寅彦記念館友の会の前会長鈴木堯士様が6月1日に逝去されていることが、今日の高知新聞に掲載されていましたので、ご連絡します。
 葬儀は、既に家族葬で行われたようです。

山本 健吉

寺田寅彦に関する書籍紹介 - 広報

2020/06/02 (Tue) 14:42:35

寺田寅彦に関する書籍紹介
           (四宮氏より情報提供いただきました。)

1.『ふだん着の寺田寅彦』(池内了著、平凡社、2020年5月)
 寺田寅彦に関して多数の著書や編集書を出している著者が新しい観点からまとめている。
従来の伝記は物理学や随筆など外的、公的な面から書かれていたが、この本では寅彦の個人的な好み、習慣や思い込みについてまとめてある。
自分に甘い性格、私人としての意外な側面、保守的な面などについて著者の経験を踏まえて、寅彦の心理を分析している。
平易な文章で面白く、一気に読むことができる。

2.『科学歳時記』と『銀座アルプス』(寺田寅彦著、いずれも角川ソフィア文庫、2020年5月)
 角川書店から1950~51年に刊行された単行本の文庫化である。前者には竹内薫、後者には有馬朗人の解説が新しく付されている。
両方とも親本にあった角川源義の解説が残っており、寅彦ファンには必読である。
時を経てこのような形で読めるようになるのは嬉しいことである。

開館について - 広報

2020/05/10 (Sun) 17:35:32

「新型コロナウイルス感染症」への対応として休館が続きましたが、寺田寅彦記念館は5月11日から通常通り開館しますので、お知らせします。
(なお、水曜日は定休日です。)

再び休館について - 広報

2020/05/03 (Sun) 14:18:53

寺田寅彦記念館の休館が、5月10日まで延長されましたのでお知らせいたします。

休館について - 広報

2020/04/19 (Sun) 11:10:20

 3月5日に新型コロナウイルス感染症」への対応として休館のお知らせをしてから2度の休館延長をいたしましたが、この度緊急事態宣言の全国拡大を受けて、高知市教育委員会から、さらに5月6日まで休館の指示がありましたのでお知らせいたします。

発刊に寄せて - 広報

2020/04/16 (Thu) 14:34:13

「発刊に寄せて」
      寺田寅彦記念館友の会 会長 山本 健吉

 2018年、全国の方からの浄財で寺田寅彦の銅像を、高知市の中心に位置するオーテピアに建立することができました。それに伴い私どもは、寺田寅彦を「日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称して、その人と作品を研究しております。
 ところで、科学者として多くの足跡を残した寺田寅彦は随筆も数多く残しており、それに感銘を受けた方が多くおられます。また、国語の教科書で寺田寅彦の随筆に出会われて、自分の進むべき方向への示唆をいただいた方もおられるのではないでしょうか。
 今回、本会の副会長を務めておられます山田功様が、教科書に掲載された寺田寅彦の随筆について長年にわたって調査研究等をされ、それをまとめられたものがこの度発刊されることになりました。寺田寅彦が随筆を書いた当時の様子や心情、そして文章表現の巧みさ等が綴られており、より深い読みができるように丁寧な解説をされております。
 以前のように教科書で直接寺田寅彦の随筆に触れることが難しくなった状況の下で、次世代を担う子どもたちには科学をする心はもとより、表現する能力の育成は欠かせないものとなっております。このような時に、ぜひとも子どもたちが寺田寅彦と触れることができる機会になればと願う次第です。
 今、寺田寅彦がご存命であるならば、多方面にわたって科学の進展が図られるのではないかともいわれております。この本が多くの方のお手元に届き、これからの科学や文学等での糧となりますことを祈念する次第です。

山田功様の著書発刊のお知らせ - 広報

2020/04/16 (Thu) 14:18:29

「教科書に掲載された寺田寅彦作品を読む」山田功著 発刊

                  発行所:高知リーブル出版
                  A5判 142頁 定価1500円

 寺田寅彦記念館友の会副会長の著者が、十数年かけて書き上げた寺田寅彦の随筆を読む最適の入門書。中学生から大人まで読みやすく、楽しめます。
 寺田寅彦の随筆で、旧制中学校、女学校、新制中学校の国語教科書に掲載された作品を調査。その中から、「新星」「凌霄花」「森の絵」「藤の実」「たぬきの腹つづみ」を取り上げ、今までのどの本にもない新しい読み方を紹介。また、教科書での取り扱いも紹介してあります。

購入方法:高知市内の書店。または、寺田寅彦記念館へご連絡ください。
〒780-0915 高知市小津町4-5 寺田寅彦記念館
電   話 088―873―0564
代金は1500円+送料180円をお振込みください。(振込用紙をお送りします)

再び休館について - 広報

2020/04/09 (Thu) 18:36:44

 高知市教育委員会より指示があり、「新型コロナウイルス感染症」への対応として寺田寅彦記念館を4月10日(金)から26日(日)まで再び休館することになりましたので、ご連絡いたします。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.